サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2019年01月20日 【606】 タミフル服用 /4歳  男の子  匿名 さんより  ・・・・タミフル110....

年齢 = 4
>性別 = 男
>体重 = 17.5
>発症年月日 = 2019 1 18
>どのような被害 =
> >朝から38℃の熱。幼稚園でインフルエンザが流行り始めたこともあり病院へ。検査結
果はa型とのことでタミフル5日分処方。
>帰宅後熱40℃まで上昇。12時頃服用し、その後夕方まで寝てしまう。
>起きた後熱39.5℃、手のふるえがすごいのが気になるが熱のせいかと思い二回目服用
。またすぐ眠いと言って寝てそのまま朝に。
> >1/19朝37.5℃。一度起きるがまたウトウトしてごはん食べず。10時頃三回目服用、そ
の後30分ほどで二回嘔吐。その後夕方まで寝てしまい、起きたら36.3℃まで体温が下が
り寒がる。手のふるえも変わらず。18時頃少し食べ、四回目服用後また30分で嘔吐し、
その後また寝てしまいました。20時頃37.5℃でした。
>これはタミフルの副作用なのでしょうか?
>副作用に対する治療(その他) =
>現在の症状 = 回復していない
>現在の症状(その他) =
>タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 30分
>服薬記録 =
> >タミフル4回
>アスベリン酸10%2g、ペリアクチン酸1%2g、カルボシステインds50%5gの混合薬4回
>その他 = 薬を飲んだ後の嘔吐と手のふるえは今まで経験したことがなく、インフルエ
ンザのせいなのか薬のせいなのか分からずインターネットで検索していてこちらのHPに
たどり着きました。

[00631]

(匿名さま)

専門的なことなので、
NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜(内科医)が
お答えします。

 結論からいうと、被害者の会の秦野さんからのアドバイスにあるように、
タミフルを中止してください。
ほとんどの症状がタミフルによる害作用によるものですので、
大事に至る前にタミフルを中止した方がよいです。
 タミフルを使わなくても、体にはウイルスを撃退して治す力をもっています。

以下に一つ一つの症状についてみていきます。

>朝から38℃の熱。幼稚園でインフルエンザが流行り始めたこともあり病院へ。
>検査結果はA型とのことでタミフル5日分処方。
>帰宅後熱40℃まで上昇。12時頃服用し、その後夕方まで寝てしまう。

タミフルを服用すると、脳を麻痺させる作用があるため、
すぐに眠くなって眠る子が多いです。
2回目を服用した後も、3回目、4回目の後もで、しかも長時間眠っておられます。
したがって、タミフルによることは確実です。

>起きた後熱39.5℃、手のふるえがすごいのが気になるが熱のせいかと思い二回目服用

>またすぐ眠いと言って寝てそのまま朝に。
>1/19朝37.5℃。一度起きるがまたウトウトしてごはん食べず。10時頃三回目服用。
>その後30分ほどで二回嘔吐。その後夕方まで寝てしまい、
>起きたら36.3℃まで体温が下がり寒がる。手のふるえも変わらず。
>18時頃少し食べ、四回目服用後また30分で嘔吐し、その後また寝てしまいました。
>20時頃37.5℃でした。
>これはタミフルの副作用なのでしょうか?

タミフルが脳を麻痺させる作用が強いと、呼吸がとまったりすることがあるのですが、
嘔吐をしたために、全量は吸収されず、かえってよかったと思います。
 嘔吐も、体温が下がりすぎて寒気がするというのも、タミフルでよくみられる
副作用で、これも確実です。
 タミフルには脳を麻痺させる作用だけでなく、脳を興奮させて、
異常行動を起させるという副作用もあります。
手が震えるのは、脳を麻痺させても、興奮させても、どちらでも起こることなので、
36.3℃まで体温が下がって寒がって、手も震えているのは、
ウイルスはまだ体内にあるのに、体温が下がりすぎていて、「寒い」と感じているせい
でもあるかもしれませんが、タミフルの副作用によるかもしれません。

 幸い、呼吸が止まるなどの重大な害は起っていないので、タミフルの服用をやめると

各種の症状は速やかに消失すると思います。
 ただ、もしも、35℃台以下などの低体温になった場合には、回復に時間が
かかる場合はありますが、これも中止すると、自然に回復してきます。

 タミフルは中止して様子をみられるよう、お奨めします。

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎

<<前の記事へ次の記事へ>>