サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2018年06月08日 【600】 タミフル服用 /7.歳  男の子  匿名 さんより  ・・・・タミフル110....

被害を受けた方 = 子供
年齢 = 7
性別 = 男
体重 = 15
発症年月日 = 2017 1
どのような被害 =

脳性麻痺と自閉症がある息子が小学一年生の時に高熱(39℃台)を出し、普段は特に治療などしなくてもすぐに治っていたのですが、その時は熱が下がらず辛そうだったので小児科で診察を受けたところインフルエンザとのことで点滴(栄養補給?)を受けました。

熱が下がり食欲も回復して元気になりましたが、タミフルを処方されました。発熱してから48時間過ぎたくらいに受診したので、効果がなくなるのですぐに飲んでくださいと言われ、1度だけ服用させましたが、薬害が不安でその後は服用をやめました。

その後特に異常行動などは、いつも以上に気になることは無かったです。(普段からちょっと変わった言動があるのですが、この時は比較的落ち着いていたと記憶しています。)

しかし、熱が下がって2日くらいしてから学校の宿題をさせたところ、算数の計算を忘れてしまったように出来なくなってしまいました。

自閉症があるため出来るときと出来ないときの差が激しいので、その時は調子が出ないだけかもしれないと様子を見ていましたが、さらにその2日後に息子の好きな電車の名前が言えなくなって「わからない」と言い出したので、さすがに単なる物忘れではないと確信しました。

徐々に電車の名前などは言えるようになりましたが、もともと記憶力が良いので自分で本を読んで覚え直したのか、思い出したのかは不明です。スラスラ出来ていた足し算引き算は苦手なままです。

特に繰り上がりと繰り下がりは暗記で覚えていたので、記憶していた分が完全に記憶から抜けてしまい、簡単な計算も前より間違いが目立つようになりました。
症状に対する治療 = 薬を止めた
副作用に対する治療(その他) = 症状が出る前に薬をやめました。
現在の症状 = 回復していない
現在の症状(その他) =

忘れてしまった分は家で学習し直しているのですが、一年以上たった今でも以前のようにスラスラ出来るほどになりません。

新しく習った筆算や九九は出来ているのですが、インフルエンザにかかる以前の算数を忘れているので、計算はいまだに指を使ってしようとします。(インフルエンザにかかる前は指を使わずにできていました。)

根気よく練習していけば、また算数が出来るようになるのでしょうか?不安です。
タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 2日後に気付きました
服薬記録 =

タミフル服用は1度のみ。服用前に小児科で栄養が採れていないとの理由で点滴(栄養補給のためとの説明)
病院に行く前日の夜にインフルエンザの体の痛みから眠れなかったため、歯の治療の時に貰っていた頓服薬を使用。受診した病院に確認し問題ないと言われました。
その他 = 連絡の際はメールでお願いします。

[00625]

(匿名さま)

 専門的なことになりますので、医薬ビジランスセンター(薬のチェック)の
浜六郎(内科医)がお答えします。
 
 正直申し上げて、タミフルによる可能性は否定はできませんが、
確実かどうかの判断は、非常に難しいと思います。
 タミフルによる害(副作用)は、重症の薬疹などのアレルギー反応
によるもの以外は、大きくわけて、2種類あります。
1)突発型反応:異常行動や、呼吸停止による突然死、脳症後遺症などで、
これは、1回目の服用時から未変化体のタミフルが起こしますが、
すぐに元に戻ります。ただし、呼吸停止が長く続けば、脳に傷害を
残すことがあります。
2)遅発型反応:遅発型の精神症状や神経症状、腎障害、糖尿病、
  抗体ができにくい、感染症の再発などの理由??で、
  肝臓で代謝されて変化したオセルタミビル・カルボキシレートによって、
  ヒト体内細胞のノイラミニダーゼが阻害された結果です。
  一般的には数日服用後に起こってきますが、
  感受性の強い人では3〜4回の服用でも起こることがあります。
  しかし、1錠だけで起こったというのは、これまでに例がありません。
  3〜4回の服用でも起こるのであれば、1回の服用でも起こることは、
  否定はできませんが、・・・。
 このタイプの反応の回復は、千差万別です。1〜2週間で回復することが
多いようですが、中には数か月かかったり、1年程度続いた人もいます。
 1錠でも起こったとすれば、回復にも長期間かかることは十分ありうること
と考えます。

>1度だけ服用させましたが
 とのことですが、服用後に眠ってしまったといったことはありませんでしたか?
 直ぐに眠ってしまったのなら、睡眠中に呼吸が止まって、低酸素状態になり
脳に傷害が残った、という可能性も否定はできません。
 そうでなく、ずっと起きていたのなら、2)の「遅発型反応」の可能性を
考える必要があります。
 2)の「遅発型反応」ならば、ご自身に自然に備わった治癒力によって、
正常の細胞・組織が作られるのを、辛抱強く待つのが、一番です。

医薬ビジランスセンター(薬のチェック) 浜 六郎

<<前の記事へ次の記事へ>>