サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2010年01月21日 【465】 匿名 さんより (タミフル110番)         ・・・タミフル飲んで大変だった体験記

12日(2009.11)早朝から、腹痛を訴え(長女8歳)5:30の段階で39度、学校でも新型インフルが流行しており状況的に間違いない。
元々発達障害があり、痛みに敏感なのもあり、ひぃひぃ言っているのも仕様だと様子を見る。
9:00の段階で近所の内科を受信し、インフル確定、解熱剤とタミフル処方され、過呼吸が続くようであれば小児科を受診するよう促される。
自宅に戻り10:00タミフルと解熱剤を飲ませる。
直後から左右非対称の手足の突っ張り(痙攣のようでした)があったのと、意識が朦朧としていたため、発達外来で受信歴のある総合病院を受診。

症状に対する治療 = 入院

インフルエンザ脳症疑いでMRI、脳波、髄液検査
MRIでは異常箇所発見できず、髄液も数値に異常は見られなかった。脳波は徐波が見られたのでインフルエンザ脳症で間違いがないだろうという事で、当日16:00過ぎからパルス療法を始める。
意識レベルはⅠ→Ⅱへ、タミフル投与は必須とのことで鼻からチューブを入れてまで投薬。
13日には熱は平熱へ戻るがその後、脳症による異常行動が続き、痙攣も見られたため、ダイアップの大量療法で一旦意識レベルを落とすが、異常行動は約1週間続く。
その後痙攣は続かなかったものの、意識が戻っている時間もものが見えない!と強く訴え視覚認知に異常をきたす。
入院から2週間で脳波はほぼ正常に戻り、視覚も戻ったため退院

親として、後遺症はゼロと言いきれないと思っています。
抗けいけん剤として、エクセグラン、フェノバールを飲み続けていますが、子供の状態としては入院前と比べてずっと幼い、
被害妄想が強くなった、投薬や食事を忘れてしまったり、気になる症状が続いています。
学校も普通級で通うのが辛くなり、支援級へ通い始めました。
医師は発達障害の症状が環境によって強く出ていると言っています。
ですが。発症後のWISKの結果は明らかに落ちていて、言語理解のIQに至っては87、すべてが正常値よりずっと下でした。
全く後遺症はないといいきれるのでしょうか。

タミフル服用から副作用と思われる症状が出るまでの時間 = 30分
服薬記録 = タミフルは入院前に1回、入院後も引き続き5日間投与が続きました。

[00485]

■NPO法人医薬ビジランスセンター浜六郎医師より


おそらく、関連があると思います。

タミフルをのんでから、けいれんを起こすまでの状態を、
もう少し詳しく知りたいです。
特に、
1.直後に(のんでから5〜10分程度から)眠り始めてはいないか
2.そのときの呼吸の状態がどうであったか
3.けいれんをする前の顔色は、
4.けいれんをする前の呼吸の状態は(小さい、とまったような感じ?)

などです。

とりあえず、上記について、お答えいただけたらと、思いますが、
いろいろと、細かいことも聞きたいと思いますので、一度お電話を
頂くか、電話番号をお教えいただければ、こちらから、電話させて
いただきます。

それと、受診した医療機関(最初の医院と、入院した病院)
のカルテのコピー、
入院した病院は以前にも受診歴があるとのことですから、
そのときの状態がわかるカルテもあるはずですので、
以前のカルテも含めて、コピーを入手しておいていただければ
と思います。
<<前の記事へ次の記事へ>>