サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2009年11月30日 【418】 小児科医 さんより                     ・・・ご意見・ご質問(高木医師)

鹿児島の先生の誠実さがとてもよくわかりました。うれしいですね。
私も昔はいまよりもっと薬を使用していました。
いろんな経験し、いろんな先生や資料、本などを通して今の診療に至っています。

14年前より解熱剤を使用しないようにしました。このとき職員みんなで勉強し
時間をかけて患者さんたち(小児科なので親御さんが多い)に説明しました。
以後すこしずつ薬の必要性を見直してきました。
病気の説明、特に熱、咳、鼻水、嘔吐、下痢などよくある症状はどうしてでるのかなどに
時間をかけました。
タミフルが発売になったときも今思うととても大変でしたが処方しないために    
インフルエンザの説明からしていましたね。
いままでそうやってきてる患者さんでも今回の新型インフルエンザでは心配してみえる方も
多いです。周りの家族や職場の人からもタミフル飲まないの?大丈夫?
でも治った時、意外と軽いのですね、報道はすごいのに、という人が多いです。
7,8,9月までは全体に症状は軽かったのですが最近はいつものインフルエンザに近いと感じています。
9月以降2回A型に罹った子供さんが3人います。やはり新型以外も少しあるのですね。
私は流行している病気があると待合室の黒板にいつも簡単に書いています。
熱の経過も2,3枚はっておきます。そうすることで理解が得られることも多いようです。

鹿児島の先生の大変さが同じ立場なのでわかります。
先生に私も力をもらえましたとお伝えください。

※この投稿は「【412】匿名さんより」の会員コメントでご紹介のあった、‘独自で作成された体温表を使ってタミフル無しの診察’をされているお医者さまからの投稿です。

[00418]

<<前の記事へ次の記事へ>>