サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2009年11月30日 【417】 こんどう さんより                             ・・・ご意見・ご質問

本を読んでからはタミフルも、ワクチンも、解熱剤もいらないことがよくわかりました。インフルエンザは風邪と同じということもわかりました。たいへん勉強になりました。
ただひとつだけ、わからないことがあります。最近の報道で今回の新型インフルエンザウイルスは、発症後急激に肺の内部まで侵入し致命的な肺炎を引き起こすという内容のものがあったのですが、これはどのように理解すればよいのでしょうか。今までのウイルスよりも怖いものも混ざっているのでしょうか?この肺炎の報道では、今回に限って恐ろしいものなのでは…と揺らいでしまいます。



[00417]

■こんどう さま

NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)
浜です。


>本を読んでからはタミフルも、ワクチンも、解熱剤もいらないことが
>よくわかりました。インフルエンザは風邪と同じということもわかりました。
>たいへん勉強になりました。

お役にたててうれしいです。

>ただひとつだけ、わからないことがあります。最近の報道で今回の
>新型インフルエンザウイルスは、発症後急激に肺の内部まで侵入し致命的な
>肺炎を引き起こすという内容のものがあったのですが、これはどのように
>理解すればよいのでしょうか。
>今までのウイルスよりも怖いものも混ざっているのでしょうか?

例年のインフルエンザよりも、むしろ軽いです。
報道が異常ですから、そのように思えるだけです。

ウイルスはさらに弱毒性であり、死亡の割合は、例年の10分の1以下です。
肺の内部まで侵入して致命的だというのはいわゆる「多臓器不全」ですが、
そうした「多臓器不全型」よりも、急変して死亡した人が圧倒的に多いのです。

しかも、<多臓器不全型>では、きつい解熱剤や、抗がん剤、免疫抑制剤、
ステロイド剤が関係している場合が多いように見受けます。


>この肺炎の報道では、今回に限って恐ろしいものなのでは…と揺らいで
>しまいます。

まったく、<マスコミと、厚労省、学者> 
が撒き散らした、「恐怖症」ですから、そうした、誤報に惑わされないで
ください。

今回のインフルエンザは軽い、自信をもって、そう考えてください。


<<前の記事へ次の記事へ>>