サイトイメージ 最新ニュース イベント情報 ごあいさつ タミフルとは 薬害タミフル脳症被害者の会について 会員被害者の現状 活動記録 報道 皆様の声 お勧め本のご紹介 要望書一覧 リンク ご質問・ご意見

タミフル110番

 

HOME>>皆様の声(一覧表示)>>皆様の声(詳細)

皆様の声

<<前の記事へ次の記事へ>>

2008年12月07日 【323】会員より   タミフルに関しての意見                   ・・・ご意見・ご質問

新型インフルエンザの脅威ばかりが煽り立てられる昨今です。

もともと「効かない」タミフル、異常行動や突然死を起こすタミフルが、耐性の出現もあって、もう過去の薬になりつつあること誰もが感じはじめています。

タミフルの備蓄に貴重な血税を使いながら、大勢に使用されてひき起こされた副作用の救済は一向にせず、疲弊を叫ぶ地方や、貧困にあえぐ開発途上国にまでタミフル備蓄の費用を押し付けたりしています。タミフルの有効期限が3年5年今では税の節約として7年も延期させ、食の偽装で疑心暗鬼になっている我々は、果たして口にできるものでしょうか。ついでに他の薬剤の有効期限は?タミフルが簡単に延期されるのであれば今後どの薬も「使いまわし」されませんか?と考えたりします。

それにしても、世界的なタミフル備蓄はうまい手を考えたものです。日本以外では大量に使われるはずがないので、被害も起こりようがありません。起こりもしないかもしれないパンデミックで使われるはずのないかもしれない備蓄のおかげで、タミフルの使用にかげりがでても、メーカーは損失を被りません。2005年3月に突然死の危険性がマスメディアに出、11月には異常行動死のニュースが世界中をかけめぐったちょうどその頃、パンデミック対策の備蓄が打ち出されたのは偶然の一致にしてはよくできすぎているように思えます。

[00132]

<<前の記事へ次の記事へ>>